FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

【ちょっとだけ海外の反応】岡崎慎司&酒井高徳、先発出場 岡崎、Goal.comでマン・オブ・ザ・マッチに! UEFAヨーロッパリーグ 2012-13 ゲンク vs シュトゥットガルト 第2戦 試合結果など

【ちょっとだけ海外の反応岡崎慎司酒井高徳、先発出場 岡崎、Goal.comでマン・オブ・ザ・マッチに!
UEFAヨーロッパリーグ 2012-13 ゲンク vs シュトゥットガルト 第2戦 試合結果など


ホームでの初戦を1-1という結果で終え、絶対にゴールを奪う必要があるシュトゥットガルト。失点すると難しくなるということもあり、慎重に守りながらも点を取りに行かなければならないという難しいミッションを課せられたこの試合。

試合結果などは、続きを読む、で。


試合結果:ゲンク 0 - 2 シュトゥットガルト
(2試合トータル1-3でシュトゥットガルトが勝ち抜け)

得点者:
シュトゥットガルト45' ボカ 59' ゲントナー

45分酒井高徳が蹴った右からのコーナーキックのクリアボール、ロングレンジから左サイドバックのボカがシュート、相手選手に2度当たる絶妙なディフレクションで、そのままゴールに吸い込まれてシュトゥットガルト先制!! シュトゥットガルトがトータルでリードしている状態に
59分シュトゥットガルトのカウンター、左サイドでパスを受けたゲントナーが左足で右のサイドネットに沈めてシュトゥットガルト追加点!! 2-0。ゲンクはこれで最低でも3点が必要な状況に。
61分、右サイドからのグラウンダーのクロスをペナルティエリア内でつないで、走りこんできた岡崎に落とす、ディフェンダーをひとりかわしてほぼフリーでシュートを放つも、力んだのか枠の左へ大きくそれる。残念。
77分、シュトゥットガルトの交代、岡崎慎司に代えてホルツハウザー。岡崎は慣れないトップ下でよく頑張ってたと思う。でも、当然のことながらやっぱり本職じゃないと感じる場面もあって、もう少し彼の能力を活かせるポジションで使って欲しいと思う部分もありました。

2-0のまま試合終了シュトゥットガルトがトータル3-1で勝ち抜け。良かった良かった。


Goal.com ドイツ版による岡崎慎司酒井高徳の選手評の訳。
http://www.goal.com/de/match/98859/genk-vs-vfb-stuttgart/player-ratings

岡崎慎司:3.5(5点満点) Man of the Match
このミッドフィールダーは、信じられないほどに、ボール争いに勝利した。あらゆるボールを争い、また、ほとんどあらゆる場所に顔を出した。

酒井高徳:2.5
ディフェンス面では特に問題なし。攻撃に参加できたはずの場面が何度かあった。


岡崎慎司の選手評の中に、ミッドフィールダーっていう呼び方が出てくるのは、やっぱりちょっと奇異に感じますね。確かに役割的にはその通りなんですが。酒井高徳はバランスを考えながらプレーしている感じだったので、この評価は少しかわいそうかなとも思いますが、彼の攻撃力に対する期待感の表れと理解できなくもないですね。

シュトゥットガルトの次の対戦相手は、ボルシアMG vs ラツィオの勝者でしたが、ラツィオが勝ち抜け。よって次はラツィオとの対戦ということに。わりと強敵だと思いますが、これから先もヨーロッパリーグを楽しめるよう、ぜひしっかり戦って欲しいと思います。そして、ヨーロッパリーグでの日本人選手対決がどこかで実現したりするといいなあ、なんて思ってます。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

まぁ面白い使い方だなとは思った。慣れてないなという感じは否めなかったけど。

  • 2013/02/22(金) 09:32:05 |
  • URL |
  • 名無しさん #-
  • [ 編集 ]

岡崎は確かによく顔出してたけど、ロストが多いんで低評価だと思ってたわ。
いつのまにか過保護的に心配しすぎて見ちゃってるのかな。

  • 2013/02/22(金) 17:38:54 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

高徳は現地の記事で取り上げられる時、しばしばラームと比較されたりしてますもんねぇ。

期待感が高い分、攻守共に強い印象を残さないと却って厳し目に採点されている印象があります。

岡崎は、日本代表とは違い、シュツットでは彼独特の動きのタイミングを見越したボールを供給する人はいないように見受けます。

本人も試合後のコメントで残していましたが、トップで結果を残すには、もう一段階能力を上げてこれまでにない形での得点パターンを作るしか無いのかも知れませんね。

無茶苦茶難しいチャレンジだとは思いますが、彼のプレースタイルやスピリットは大好きなので応援していきたいです。

  • 2013/02/23(土) 00:16:07 |
  • URL |
  • 名無しさん #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/758-c8915d5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)