FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

【海外の反応】吉田麻也、CBとして先発フル出場するも… 海外メディアによる選手評の訳も プレミアリーグ 2012-13 ニューカッスル・ユナイテッド vs サウサンプトン レビュー

海外の反応吉田麻也、CBとして先発フル出場するも… 海外メディアによる選手評の訳も
プレミアリーグ 2012-13 ニューカッスル・ユナイテッド vs サウサンプトン レビュー


両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこちら。

Newcastle_United_vs_Southampton_re.png

試合内容、海外メディアによる選手評の抄訳は、続きを読む、で。


ニューカッスル・ユナイテッド(4-2-3-1):
エリオット;ドゥビシー、S・テイラー、コロッチーニ、サントン;ティオテ、キャバイエ;グティエレス、シソコ、グフラン;シセ

サウサンプトン(4-2-3-1):
ボルツ;クライン、吉田麻也、ホーイフェルト、ショー;コーク、シュナイデラン;ロドリゲス、S・デイヴィス、ララナ;ランバート

開始からわずか3分、シュナイデランがいきなりの先制点!! 右サイドからコークのクロス、ランバートがヘッドで落としたボールを走りこんできたシュナイデランが受けて見事なターンから右足でシュート、左隅に決まる。キレイなゴールでしたねえ。あまりの観客席の静まり方に一瞬サイドネットかと思ってしまいました。
12分、キャバイエが通そうとしたスルーパスを麻也がきっちり読んでカット、その後も素速いカバーリングでペナルティエリアへの侵入を防ぐ。シセにもロングボールへの対処で全く負けてない。
15分、シセがクラインに競り勝ってボールをキープ、後方のシソコへ、シソコがロングレンジからシュート、鋭いシュートがゴール右隅をとらえるもボルツがセーブ。ボルツがファーストGKとしての地位を確立させたことも大きいです。シーズン序盤はコロコロGKが変わってたから。
18分、右サイドにドゥビシーが抜けだして、中央マイナス寄りにグラウンダーのパス、グフランからシセへとつないで最後はターンからシセがシュートまでいくもヒットせず。危なかった…。
サウサンプトンが先制してから、ニューカッスルがボールをキープする時間がかなり長い。そんな中でもセットプレーなどでは最終ラインが対応できているので、そういう点では心配ないんだけど、さすがにあまりにもこういう時間が続くと、どこかで集中力が切れるところが出てくるので要注意。もう少し自分たちでボールを動かす時間が欲しい。
33分サウサンプトンのパスミスからニューカッスルがカウンター、グフランが左サイドに抜け出して一気にペナルティエリア内へ、コークをかわして速いクロス、ファーでシソコが押し込んでニューカッスル同点に。縦パスをカットされてのカウンター、これにはもっと注意して欲しかった…。切りかえて次にいくしかないですね。
42分、自陣からの長いフリーキック、蹴ったのはGKのエリオット、ショーとグティエレスが競り合うもどちらもボールに触れず、そのボールに反応したシセがペナルティエリア外からそのままボレー、強烈なドライブでボルツの上を超えてゴールに吸い込まれる。ニューカッスル勝ち越し。まさか…。ちょっとどうしようもないです。
45+2分、ニューカッスルの交代、コロッチーニに代えてヤンガ・エンビワ。どうやらコロッチーニはクリアのために自ら敢行したオーバーヘッドキックで腰を痛めた模様。
前半終了ニューカッスル、2-1でリード。同点弾に関しては防げたかもしれない箇所があったゴールで反省点もあるだろうけど、2点目はどうしようもない。交代枠を上手く使って反撃しなきゃいけません。ロドリゲスがあまり機能してないから、パンチョンかラミレスを代わりに入れるか。

後半開始。両チーム交代なし。
47分、ランバートのフリーキック、ゴール右隅をついたものの、エリオットが好セーブ。シセのゴールをアシストした形になってノってるのかもしれませんね。
50分、クラインとのパス交換でララナが右サイドに抜け出してグラウンダーのクロス、ランバートが右足で合わせてサウサンプトン同点!! 立ち上がりに強いサウサンプトンでした。
53分、右サイドでララナが個人技からクロス、走りこんできたランバートがヘッドで合わせるもゴールの左へ外れる。良い形でしたが…。
56分、ララナとランバートのパス交換、最後はララナがミドル、枠の右へ外れる。
57分、サウサンプトンの交代、ショーに代えてフォックス。ちょっとドゥビシーにやられてるかな、という感じもありましたし、警告も受けてたので仕方ないかと。
65分、サウサンプトンの交代、S・デイヴィスに代えてラミレス。
66分、またしてもニューカッスルの長いフリーキック、ペナルティエリア内でドゥビシーがダイレクトで折り返したボールをフォックスがハンド、PKに。このPKをキャバイエが決めてニューカッスル勝ち越し。思ってもみないような形での失点ばかりですね、今日は。
77分、ニューカッスルの交代、キャバイエに代えてパーチ。
79分、左サイドからのクロスをホーイフェルトがクリアにいったボールがフォックスに当たってサウサンプトンゴールへ。オウンゴールでニューカッスルのリードは2点に。本当に思いもよらぬ形でのゴールばかり。苦しい。
81分、サウサンプトンの交代、ロドリゲスに代えてパンチョン。
87分、ニューカッスルの交代、グフランに代えてアニタ。
90分、ペナルティエリアの右外でのフリーキックをラミレスが直接狙うも枠の上へ。ラミレス…。
ロスタイムにもランバートがチャンスを迎えるがゴールには至らず、結局4-2でニューカッスルが勝利。サウサンプトンにとってはかなり苦い負けとなりました。次節、サウサンプトンはクイーンズ・パーク・レンジャーズとの一戦。これには必ず勝たなきゃ…。


Goal.com U.K.版による吉田麻也の選手評の訳。
http://www.goal.com/en-gb/match/81103/newcastle-united-vs-southampton/player-ratings

吉田麻也:2(5点満点)
彼のディフェンスパートナーに比べれば、いくぶん落ち着いていたものの、ニューカッスルのハツラツとした攻撃に悩まされた。しかし、ボールに対してはしっかりとプレーし、バックラインからボールを上手く前線に出す場面も。


Goal.comのフロップ・オブ・ザ・マッチはホーイフェルトで評点は『1』。正直、今日の試合、サウサンプトンの最終ラインに失点の責任はあまりないと思うんですけどもね。

SkySportsによる吉田麻也の選手評の訳。
http://www1.skysports.com/football/live/match/281513/ratings

吉田麻也:6(10点満点)
苦しい午後を過ごした。


これでサウサンプトンは16位に勝点では、降格圏の18位アストン・ヴィラとの差が『3』に縮まる。上にも書いたけど、次のホームでのクイーンズ・パーク・レンジャーズ戦には絶対に勝たないといけません
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/767-47f7eaf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)