FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

コパ・デル・レイ 2012-13 バルセロナ vs レアル・マドリー 第2戦 レビュー Goal.comによる選手評の訳も

コパ・デル・レイ 2012-13 バルセロナ vs レアル・マドリー 第2戦 レビュー Goal.comによる選手評の訳も

両チームの先発予想、フォーメーション&マッチアップはこちら。

Copa_del_Rey_2012-13_Barcelona_vs_Real_Madrid_re.png

内容は、続きを読む、で。


バルセロナ(4-3-3):
ピント;D・アウヴェス、ピケ、プジョル、ジョルディ・アルバ;シャビ、ブスケ、ファブレガス;ペドロ、メッシ、イニエスタ

レアル・マドリー(4-2-3-1):
ロペス;アルベロア、ヴァラン、ラモス、コエントラン;ケディラ、アロンソ;ディ・マリア、エジル、C・ロナウド;イグアイン

初戦がマドリーのホームで1-1のドローだったので、マドリーとしては最低でも1点は必要な試合。先発にベンゼマではなくイグアインバルセロナの方は、今シーズン、コパ・デル・レイではGKをピントにしているようでこの試合でもピントがゴールマウスを守ります。

開始2分、いきなりバルサがチャンス、右サイドからペドロがペナルティエリア内のメッシへパス、メッシがトラップから鮮やかなターンをみせ、右足で狙うもゴールのわずか左へ外れる。
12分マドリーのカウンター右サイドへの一本のスルーパスでクリスティアーノ・ロナウドが抜け出す、ペナルティエリア内に侵入してフェイントから切り返したところをピケが倒してPK!! バルセロナの選手たちは抗議していますが、今のはPKって言われても仕方ない。ピケのタックル、ボールにかすってもなかったし。このPKをクリスティアーノ・ロナウドが自ら決めてマドリー先制!! このまま逃げ切ればマドリーが勝ち抜けですが、そうはいかないでしょうね。
15分、バルサが左サイドから攻め込んでペナルティエリア内での混戦、ファブレガスが倒れるがPKはなし。今のは『倒れた』ようにみえました。ボールにも触ってる感じだったし。
27分、バルセロナがマドリーのゴール前で2,3分こねくり回した挙句、左サイドでボールを持ったイニエスタが少しインサイドに切れ込みながらミドルシュート、枠の右に外れる。それまでの展開は一体何だったんだ…。
31分、メッシとのワンツーで抜けだしたペドロがグラウンダーで中央へ折り返す、ファブレガスが狙うも、ヒットせず。形としては『らしい』感じだったんですが。
カンプ・ノウの観客のテンションが何だか異常。静まる瞬間がほとんどない。10万人入るとこんな感じなんですかね。
34分、右サイドからペドロが個人技でディフェンスをかわしてペナルティエリア内へ侵入、最後はセルヒオ・ラモスがブロック、ペドロはPKを主張するも認められず。両チーム、判定に対する文句多すぎ。
37分、イニエスタが左サイドからインサイドに向かってドリブル突破、アルベロアがファールで止めてゴール正面でのフリーキック。メッシが壁の外から低いボールで巻いて狙うが、さすがに曲がりきれず左に外れる。一瞬ゴールネットに入ったかと思いました。
この両チーム、そういえば3月2日にはリーガ・エスパニョーラの試合でまた対戦するんですよね。
ジョルディ・アルバが頭を抑えて痛がっているのですが、リプレイでみると、肩にチャージを受けて大げさに倒れた結果、倒れ方が悪く、頭から落ちた光景が。カッコ悪い。
前半終了。1-0でレアル・マドリーがリード。両チームの試合に対するテンションがすごいです、やっぱり。あと、先日のミラノダービーに比べてやっぱり技術はこっちの方が上かな、と。

後半開始。両チーム交代なし。
47分、センターサークル付近でボールをカットしたメッシがそのままドリブルであがる、マドリーの選手は4人いるのにそれでもペナルティエリア内まで止められないピッチの小さいスキのないドリブル、やっぱりすごい。だけど、サポートが得られず結局ペナルティエリア内で奪われる。
50分、左サイドを駆け上がったコエントランに良いタイミングでスルーパスが出て、ペナルティエリア内へ侵入、そのまま左足でシュート、ピントの正面。良い展開でしたが。
52分、バルセロナが連続でチャンス、左サイドからマイナスに折り返したボールをミドル、ディフェンスのブロックにされるも、まだバルサのチャンスが続き、今度は右から折り返してブスケツがミドル、こぼれ球を狙うも、ディフェンスがギリギリでクリア。何だか、パスのつながり方がバルセロナっぽい感じの速さと精度になってきたような気がします。
57分マドリーのカウンター再び、バルセロナ陣内の広大なスペースへロングボールが蹴りこまれる、左でこのボールを受けたディ・マリアがペナルティエリア内でプジョルを完全にかわしてシュート、ピントが弾いたボールはなぜかはかったようにクリスティアーノ・ロナウドの元へ、ロナウドが落ち着いてこのチャンスを左足で決め、マドリー追加点!!! 2-0。2試合トータルでは3-1。アウェーゴールの関係でバルサは3点が必要な状況に。静まるカンプ・ノウ。
59分、バルセロナの交代、ファブレガスに代えてビジャ。
点を取りにいかなければならない状況でバルセロナの最終ラインが混乱中。
63分、ペドロがペナルティエリア内で倒されるがノーホイッスル。これはちょっと厳しいかも。
またしてもクリスティアーノ・ロナウドに対してレーザー攻撃が行われている模様。そんなことをして、仮に勝利を得たとしても嬉しいんでしょうか? 本当に心の底から疑問です。全く理解出来ません。
68分、右からのエジルのコーナーキック、ヴァランがヘッドでキレイに合わせてマドリー3点目!! まさかまさかの3-0。ほぼフリーでした。さすがに集中力切れすぎです。先ほどの比ではないほどにスタジアムが静まり返っています…。
70分、マドリーの交代、イグアインに代えてカジェホン。
71分、バルセロナの交代、ペドロに代えてテージョ。
73分、バルセロナの交代、シャビに代えてアルカンタラ。
怒りのあまりか、スタンドでは発煙筒が。リーグ戦の優勝はほぼ間違いないだけに、ファンとしては怒りのぶつけどころが難しいかもしれませんね。とりあえずはロウラを責めることになるんでしょうけど、彼だってやりたくて今の立場をやっているわけじゃないでしょうし、辞めさせても何の解決策にもならなそうだし。
78分、結果的にはオフサイドだったものの左サイドから抜けてきたバルセロナの選手のシュートをロペスが素晴らしい読みと反応で弾き出す。先日のマンチェスター・ユナイテッド戦でも思ったけど、ロペスってかなりクオリティの高いGKですね
79分、マドリーの交代、エジルに代えてぺぺ。
83分、マドリーの超シンプルなカウンター、クリスティアーノ・ロナウドがワンツーで抜けだしてプジョルにマークされながらもシュートまで、ピントが弾いてコーナーキック。
84分、マドリーの交代、アロンソに代えてエッシェン。
ぺぺが相変わらずメチャクチャ。明らかに必要の無い足の動きで相手を挑発。個人的にはこういうのは好きじゃないです。激しくてもクリーンなディフェンスっていうのがあると思うので。なぜあれだけの身体能力をもっとまともな形で活かそうとしないのか不思議。
88分、右サイドのビジャがマイナスに折り返して、イニエスタがシュートするも枠の左へ。
89分、ジョルディ・アルバとイニエスタの素晴らしいワンツーからバルセロナが1点を返す。ボールを預けてゴール方向に走りだしたジョルディ・アルバに対して、イニエスタがゴール前から絶妙なチップキックでディフェンスラインの裏へ、ジョルディ・アルバがこれを左足ダイレクトで合わせてゴール。スコアは3-1に。

試合終了。3-1でレアル・マドリーが完勝。トータル4-2でレアル・マドリーが決勝へ。バルセロナとしては、結構ショッキングな敗戦だったと思います。週末に行われるリーガの試合では事実上ほぼ優勝間違いなしの状態なので、ある程度抜いてくるかもという予想もあったものの、この試合は100%で臨んだはず。それがこんな結果になるなんて。これで週末の試合でメンバーを休ませるなんてことがやりにくくなったような気もしますし、本当に厳しい結果となりました。


Goal.com インターナショナル版による何人かの選手評の訳。
http://www.goal.com/en/match/102043/fc-barcelona-vs-real-madrid-cf/player-ratings

【バルセロナ】
ピケ:1.5(5点満点) Flop of the Match
12分にロナウドにとらえられ、警告を受けるとともに、マドリーにPKを与えることになった。また、それによってマドリーがリードする結果に。ロナウドのスピードとパワーに対処しきれず、マドリーは勝利に向かって躍動することになる。

メッシ:1.5
バロンドール受賞者であるメッシは、マドリーのディフェンスに自由を奪われ、このセカンドレグでインパクトを残すことができなかった。前半はボールをキープし輝きの片鱗を見せる場面もあったものの、シュートは思うようにならず、バルセロナは終盤にアルバが1点を返すのがやっとだった。

イニエスタ:3
わりと一方的な試合の中で、バルセロナではベストの選手だったと言っていい。彼は28分に巻いていくような形でシュートを狙い、前半終了直前にはアルベロアに倒され、マドリーのペナルティエリア目前でフリーキックを獲得した。後半は影を潜めていたが、終盤のジョルディ・アルバのゴールをセンセーショナルなチップキックでアシストしたのが、せめてもの慰めだ。


レアル・マドリー
クリスティアーノ・ロナウド:5 Man of the Match
14分に自ら得たPKを決め、ハーフタイム後には2点目を落ち着いて決めた彼は、6試合連続でクラシコをゴールで飾っている。マドリーの素晴らしいパフォーマンスにとって極めて重要な存在であり、そのカウンターの発射台として活躍した。チームが彼を必要とするこの試合で、またしても彼は存在感を示した。

ヴァラン:4.5
19歳のヴァランはマドリーの一員としてまたしてもファンタスティックな存在だった。マドリーは、素速いプレスとタイミングの良いタックルで、メッシの影響力を弱めていた。センターバックの彼はまた、極めて打点の高いヘッドでマドリーの3点目をあげ、バルセロナとのこの準決勝2試合両方でゴールをあげた。


スペインのサッカーをガッツリ観ることは最近あまりないんですが、緊張感のある面白い試合でした。だけど、リーガを観ると、大概バルサとマドリーが余裕を持って勝っててあまり楽しくないんですよねえ…。ただ、週末のマドリーとバルサの直接対決はまた観ようかなと思います。観られれば、ですが。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

ロナウドの連続ゴールは1stlegで止まってると思います。
ただカンプノウでの連続ゴールは続いてて少なくとも5戦連発だったかと

  • 2013/02/27(水) 21:50:14 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/775-4878fb7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)