FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

セリエA 2012-13 ジェノア vs ACミラン レビュー & Goal.comによる選手評の訳も

セリエA 2012-13 ジェノア vs ACミラン レビュー & Goal.comによる選手評の訳も

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

Genoa_vs_AC_Milan_re.png

試合内容、Goal.comによる選手評の抄訳は、続きを読む、で。


ジェノア(3-5-1-1):
フレイ;グランクヴィスト、ポルタノーヴァ、モレッティ;カッサーニ、ボヴォ、トゥジェール、ヴァルガス、アントネッリ;ベルトラッチ;ボリエッロ

ACミラン(4-3-3):
アッビアーティ;デ・シーリョ、サパタ、メクセス、コンスタン;フラミニ、モントリーヴォ、ムンタリ;ニアン、パッツィーニ、エル・シャーラウィ

9分、ミランゴール前でベルトラッチが個人技でディフェンスをかわし、シュート、アッビアーティの正面。
20分、右サイド、ペナルティエリアの角あたりでミランがボールをキープ、ボールを受けたニアンが左足でファーポストを狙うシュート、少しコースが甘くGKがセーブ。惜しい。
22分、相手のパスミスを拾ったミランが右サイドへ展開、右サイドを駆け上がってきたデ・シーリョが速いグランダーのボールを入れる、相手ディフェンスにひっかかったこぼれ球をパッツィーニが右足で豪快にシュート、ゴール右上のクロスバーを叩きながらゴール!!! パッツィーニその前の接触プレーで足を痛めていてあまり動けてなかったので、バロテッリとの交代が秒読み状態だったんですが、不思議とそこにボールがこぼれてくるんですね。ケガが大したものでないことを願っています。この男は…。
25分、ミランの交代、パッツィーニに代えてバロテッリ。交代直後に、相手選手を後ろから倒していきなりのイエローカード。
39分、ヴァルガスの左サイドからのフリーキック、ゴール前でボリエッロが合わせるも、枠の上へ。
40分、ミランゴール前に入ったボールを追いかけたベルトラッチがムンタリに激しくチャージ。危ない。
前半終了。1-0でミランがリード。出来ることならもう1点くらい入ると、エル・シャーラウィとかモントリーヴォとか休ませられるんだけど。

ジェノアは、ヴァルガス、ベルトラッチなど、ボールを持てる選手がいるので、予想していたよりもポゼッションが高いし、ボリエッロは空中戦強いし、もっと上にいてもおかしくないのにな、と思う。ヴァルガスがもう少し高い位置でプレーできるといいのかなあ。

後半開始。ミランはメクセスに代えてジェペス。休養かな?
47分、エル・シャーラウィとバロテッリでプレースをかけて、パスミスを誘いニアンがカット。そのボールを受けたエル・シャーラウィが中央へのドリブルからシュート、やや力なくGKにキャッチされる。形はそれでOK。あとは精度です。
50分、ミランゴール前やや左、25mほどの位置からボヴォが直接狙う、壁を巻いていくようなファーコーナーを狙ったボールでアッビアーティもわずかに届かず、ボールは右のポストを直撃! 危ない…。
54分、ロングシュートのこぼれ球がゴール正面に入っていたボリエッロの足元へ、そのまま反転して左足でシュート、アッビアーティの正面。助かった。
56分、左からコンスタンがドリブルでしかけながら、右サイドへ絶妙なスルーパス、飛び込んできたフラミニがボールを受けるもファーストタッチをミス、GKとの距離が近くなりすぎ、結局、ダイブで警告を受ける。フラミニ調子いいんだけど、ゴールはないですね
58分、ボリエッロがゴール前でボールをキープ、左から上がってきたアントネッリがダイレクトでペナルティエリア内に入っているベルトラッチへ、ベルトラッチが反転して左足でシュート、アッビアーティ正面。ポジショニングがいいんでしょうね。
60分、飛び出してきたフラミニが今度は良いファーストタッチから右足で左下隅にシュート、GKがギリギリで触ってコーナーへ。
その直後、コーナーキックからのこぼれ球、サパタが素晴らしいコントロールで右に空いた微妙なスペースへ、そのボールをバロテッリが思いっきり蹴りこみミラン追加点!! さすがの決定力
64分、左サイドを上がっていったコンスタンがボヴォに倒される。ボヴォに対して警告が出た後、コンスタンが激昂。ボヴォに直接激しく詰め寄り、コンスタンにも警告。それでも収まらないコンスタンはなおも執拗に抗議。結局、退場処分を受ける。
68分、ミランの交代、エル・シャーラウィに代えてアバーテ。
その直後、ジェノアの交代、ボヴォに代えてホルケラ。
コンスタンはまだ怒りが収まらない様子。確かに明らかに足を狙ったヒドいファールでしたが、それにしてもなぜここまで? 何か言われたりしたのかな?
71分、ジェノアの左からのコーナーキック、中央でポルタノーヴァがヘッドで合わせるが、アッビアーティがしっかりおさえる。安定感がありますね、やはり。
75分、ジェノアの攻撃、左サイドからのクロス、クリアしたボールがファーサイドへ流れる。そのボールをグランクヴィストがダイレクトでシュート、アッビアーティが弾く、さらにそのこぼれ球をホルケラが左足でシュート、これもアッビアーティが横っ飛びでセーブ。ありがとう、アッビ。
77分、ジェノアの交代、グランクヴィストに代えてヤンコヴィッチ。
ミランが10人になったこともあり、ジェノアが支配する時間帯がかなり増える。まあ、これは仕方ないので、残り時間耐えて欲しい。コンスタンのためにも。

試合終了。2-0でミラン勝利!! 一安心。コンスタンの一件はちょっと残念だけど、それでもきっちり勝ち切って気分よくバルセロナ戦を迎えられそうです。

Goal.com インターナショナル版による○の選手評の訳。
http://www.goal.com/en/match/88320/genoa-vs-ac-milan/player-ratings

【ジェノア】
ベルトラッチ:3
8分、ペナルティエリア際で、鮮やかなフットワークをみせ、何人かのディフェンダーをかわしたが、シュートは力なくアッビアーティの元へ。この試合の彼がこのプレーに集約されている。なぜなら、仕掛けてはいくものの、そこから何かを生みだすことはできなかったからだ。


【ACミラン】
アッビアーティ:4
前半はほとんど何もすることがなかったが、後半数回素晴らしいセーブをみせた。最も注記しておくべきなのは、ミランが10人になって強いプレッシャーを受けるようになった時間帯の、ホルケラのシュートに対するセーブだ。

パッツィーニ:4
後方からポルタノーヴァに蹴られ、足首を痛めたようで、前半途中での交代を余儀なくされたが、その交代前に、クロスバーの下を叩く、ペナルティエリア外ギリギリからのしびれるようなシュートで先制ゴールをあげた。好調なので、ミランとしては、彼がバルセロナ戦でプレーできるコンディションであることを祈っているだろう。

フラミニ:3.5
試合への導入に大いに苦しみ、前半のプレーぶりは簡単に忘れてしまえるようなものだった。しかし、ハーフタイム後、彼は別人のようになり、何度かペナルティエリア内への鋭い飛び出しをみせた。2つ目の飛び出しでコーナーをとり、ミランの2点目を導いた。

バロテッリ:3.5
パッツィーニの負傷により、予想外に早いタイミングでの交代出場となり、恐ろしく緩慢な動きで、交代直後にヒドいチャージで警告を受け、その後もボールを奪われ続けた。しかし、60分にサパタからのボールを受け、落ち着いたフィニッシュで自らのレベルの高さを証明してみせた。


さあ、いよいよチャンピオンズリーグ、バルセロナ戦セカンドレグがやって来ます。とりあえず、良い状態でバルセロナに乗り込んでいけそうで良かったです。パッツィーニが軽傷で、バルセロナ戦でプレーできることを本当に祈っています。テーピングで何とかなるようなケガならいいのですが。足首っていうのは心配だなあ…。

ガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、選手評を記事にする予定です。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/808-85968850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)