FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

(追記あり)ニュルンベルク清武弘嗣、11月28日以来のゴールをあげチームの勝利に貢献!!

ニュルンベルク清武弘嗣、11月28日以来のゴールをあげチームの勝利に貢献!!

ニュルンベルク清武弘嗣が久しぶりのゴールをあげ、チームも2-1でアウクスブルクに勝利。最近、勝ちきれなかったチームにとって非常に大きな勝利です。

Goal.comの選手評の訳など、本当に少しだけ記事を。


結果:アウクスブルク 1 - 2 ニュルンベルク

得点者:
アウクスブルク:36' ヴェルナー
ニュルンベルク21' 清武弘嗣 54' エシュヴァイン

21分、ロングボールをペクハルトがヘッドで左サイドのエシュヴァインにつないで、エシュヴァインがそのままペナルティエリア内に侵入、ゴール正面、ペナルティエリアに少し入ったあたりの位置で待ち構えていた清武へグラウンダーのパス、このボールを清武が左足で鮮やかなコントロールショット、ゴール左隅に決める。キレイなゴールでした。

キャッチしかけたボールを下にこぼして、自分の股間を抜くという、ちょっとビックリするようなGKのミスで追いつかれたものの、清武が得た、ペナルティエリアわずかに外でのフリーキックをエシュヴァインが豪快に蹴りこみ、ニュルンベルクが勝ち越し清武は、その後も、フリーキックからチャンスを作るなど、存在感を示し、84分に交代。チームはそのまま2-1で勝利。勝点を31とし、降格圏からは完全に離脱。非常に大きな勝利となりました。

Goal.com ドイツ版による清武弘嗣の選手評の訳。
http://www.goal.com/de/match/82394/fc-augsburg-vs-n%C3%BCrnberg/player-ratings

清武弘嗣:4(5点満点)
ゴーーーール! ゴールから少し離れた位置で上手くフリーになったからだ。清武は教科書のようなプレーでボールをゴールに入れてみせた。


マン・オブ・ザ・マッチは1ゴール1アシストのエシュヴァイン。その選手評の訳も。

エシュヴァイン:4 Man of the Match
エシュヴァインは実に良い試合をした。彼は相手選手を寄せ付けない走りをし、ペナルティエリア内でキレのあるプレーをみせた。アシストだけでなく、自らもゴール。スーパーパフォーマンスだった。


なお、ビルトでの清武の評点は『3』。標準ですね。ビルトでもエシュヴァインが『2』で最高点となっています。

降格の心配はもうあまりなさそうなので、ここから先は色んな意味でアピールできるプレーをみせて欲しいです。また、金崎夢生にもプレータイムを増やして欲しいと思います。きっと、落ち着いてやれば、もう少し戦えると思うので。

この後、その他の選手評の記事などがあれば、追記するかもしれません。

(追記)
sportal.deによる清武弘嗣の選手評の訳。
http://www.sportal.de/fussball/bundesliga/einzelkritik-1-fc-nuernberg-25-spieltag-2012-2013-2077962-t-2

清武弘嗣:2.5(1が最高、6が最低)
エシュヴァインとともに、ニュルンベルクの数少ない攻撃を作り出し、エシュヴァインのバックパスから観る価値のある形で決め、決勝点となるフリーキックをその加速力で勝ち取った。

スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/809-6a6f1390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)