FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

フレンドリーマッチ 日本代表 vs カナダ代表 レビュー

フレンドリーマッチ 日本代表 vs カナダ代表 レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこちら。

Japan_vs_Canada_re.png

試合内容は、続きを読む、で。


日本代表(4-2-3-1):
川島永嗣;内田篤人(46' 駒野友一)、吉田麻也、伊野波雅彦(61' 栗原勇蔵)、酒井高徳(83' 酒井宏樹);長谷部誠、遠藤保仁;岡崎慎司(46' 中村憲剛)、香川真司、乾貴士(63' 大津祐樹);前田遼一(46' ハーフナー・マイク)

カナダ代表(4-2-3-1):
ボルヤン;レジャーウッド(54' エノー)、ヤコヴィッチ、エドガー(87' 中島ファラン)、デ・ヨング;ジョンソン、デ・グズマン(85' ジャクソン);エドウィニボンス(78' リケッツ)、ハッチンソン、ベッカー(67' セバラ);ヘイバー


開始直後、長谷部がドリブルで持ち込んでそのままミドルシュート、枠の右に外れる。
9分、前田が最終ラインの裏に出したスルーパスに香川が抜け出すもGKがクリア、そのこぼれ球を拾った岡崎が一瞬、シュートのタイミングを失ったかに思えたものの、しっかりGKの位置をみて左足で狙いすましたシュート、GKの上を絶妙に越えてゴールに吸い込まれ、日本代表先制
14分、カナダのパスミスを拾ったところから、左サイドに展開、乾が中央に折り返して前田が右足で合わせるも枠を大きく外す。
20分、遠藤の直接FK、右ポストに当たったボールがGK側にディフレクション、慌てて触ったボールはGKにとってはラッキーにもコーナーに。惜しかった。やっぱりFK上手いですね。
観客も少なく、モチベーションをどこに持っていくのか難しいのかもしれませんが、もう少し緊張感のある試合をして欲しいです。ちょっとしたパスミスなどが目立ちますので。特に最終ラインからのボールをあまり拾えていないのが気になります。今日は相手がカナダだからあまり問題になってないですけども。
30分、カナダゴール前でのカナダのヒドいパスミスを受けて、香川がシュートにいくも、ディフェンスがブロック。香川に向かってパスを出したくらいの感じでした。
38分、ジョンソンがミドルシュート、枠の上に外れたもののわりと良い感じのシュート。ちょっとマークが甘いです。特にハッチンソンに対して曖昧すぎる感じ。ハッチンソンがトップ下というのは想定外だったんでしょうか。
40分、左サイドで遠藤、香川、乾が絡んでのパス交換から、乾がペナルティエリア内でボールを受けるも、トラップミス。GKにキャッチされる。せめてシュートまではいかないと…。
44分、乾がペナルティボックスの左角付近でボールを受けて、シュート、枠の上へ外す。先程も同じようなのを外していましたが、あまりにも力みすぎです。
前半終了。1-0で日本がリード。あまり良くはなかったですね。チームとしての狙いがあまり見えてきません。全体的な距離感がおかしいです。最終ラインがプレスに対して負け過ぎなんでしょうか。どう修正してくるか注目したいと思います。

後半開始日本代表は、前田遼一、岡崎慎司、内田篤人に代えて、ハーフナー・マイク、中村憲剛、駒野友一と一気に3人を交代。中村憲剛が中央で右に乾、左に香川という形になるようです。

48分、香川からのスルーパスで抜け出したハーフナーがループシュートを狙うも枠の右に外す。
51分、左サイドからへイバーへ、結果的にはオフサイドだったもののこのへイバーって選手はデカくて結構存在感がありますね。要注意です。この辺りは中東対策として悪くないかもしれません。
58分、カナダの左からのコーナーキック、ヘイバーがヘッドで合わせカナダ同点。う~ん
62分、エドウィニボンスがドリブル突破、中央に流れながら左足でシュート、川島がセーブ。
65分、遠藤の自陣からのロングパスで酒井高徳が抜けだす。GKまでかわして、右足でシュートにいったもののサイドネット。惜しい!! 相手のプレスを回避するためか、遠藤と長谷部が最終ラインに入る場面が。
正直、カナダがここまでガンガンプレスをかけてくるとは思いませんでした。若いからなあ…。それに対して、日本の守備の狙いが曖昧なのが気になります。
74分、パス回しから、長谷部が左サイドにスルーパス、酒井高徳に通って中央へグラウンダーのクロス、前で香川が少し触って、最後はハーフナー・マイクが左足のシュートでゴール、日本勝ち越し。とりあえず良かった。中村憲剛はやっぱり良いですね。
81分、ハッチンソンの左足の強烈なシュート、川島が何とかセーブ。そのプレーで得たコーナーキックにヘイバーがヘッドで合わせるも枠の上へ。ちょっと危ない。
酒井高徳が若干どこか痛めた感じ。大事ではないことを祈っています。酒井宏樹と交代。
83分、左サイドからハッチンソンが入れ替わるように抜けだして川島と1対1。何とか止めたもののリケッツにこぼれ、ここも川島が身体をはってブロック。危ない。
お、中島ファラン一生、ついに登場。最終ラインの選手との交代なので、カナダも点をとりにきた感じですね。
終了間際、コーナーキックからハーフナー・マイクが決定的なチャンスを得るもヒットせず大きく外す。そのまま試合終了。2-1、日本代表が勝利。あまり良くはなかったですが、勝ったことでよしなのかな? 残り2日間ドーハでの練習が残っているので、色々な準備をしてヨルダンに乗り込んで欲しいと思います。

ヨルダンに勝てば、とにかくワールドカップ出場決定。そんなに上手くいくかどうかは分かりませんが、とにかく良い準備をしてしっかり戦って欲しいです。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

管理人さんおつです。
親善試合とは言え、ハーフナーの得点力では今の決定機を確実に決めていく日本代表では通用しないように思いました。彼は足下・テクニック・スピードと、足りない部分が多すぎる。選ぶのは監督なので、選出されるのなら代表に相応しい努力をし続けて欲しいです。大津やイノハもですが、もっと他に呼ぶべき選手がいるように思います。それにしても酒井高徳は気合の入り方もプレーも良かったですね!サブ組はこの姿勢を見習ってほしいです。

  • 2013/03/23(土) 16:14:59 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

細貝もみたかったなぁ…

  • 2013/03/23(土) 16:18:42 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

地味やけど今野がいないと守備がいまいち機能しないんですね…不思議
それからハーフナー…
Jリーグにもっと良いFWいますよね…なんで使わないのかな~??ミドル打てるFW入れないと本戦厳しそうやけどなー

  • 2013/03/23(土) 21:02:41 |
  • URL |
  • ぴー #-
  • [ 編集 ]

トップ下本田の穴は埋まらないと言われてますがそうじゃなくて、香川が真ん中に入ることで、むしろ
「左サイド香川の穴が埋まらない」
んじゃないでしょうか…
ちょっと乾はゴールに執着しすぎて中に出せばゴールできるチャンスを潰してると思います…
また、清武がいればもっと崩せたはずですし、香川の調子はよい方だと思います。

  • 2013/03/23(土) 22:25:51 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

香川の利点とリスクを誰よりもカバーできるのが本田で、チームの攻撃力を一番活性化できるのが香川かな。
W杯見据えるなら香川絡みのカウンターは磨いた方が良いと思う。

  • 2013/03/24(日) 05:26:18 |
  • URL |
  • 名無しさん #-
  • [ 編集 ]

乾は2発ふかしたことばかりいわれるけど
最初のチャンスでは中に折り返してたし、ダイレクトで折り返したボールもあるんだよね。
結局、それらは前だが決め損なった訳だが。
悪い意味で派手に見えるシーンばかり取り上げられるのはフェアじゃないね。

  • 2013/03/24(日) 12:27:01 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/844-fe5d093a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)