FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

【日本人選手情報】長友佑都、メンバー入り ユヴェントス戦で復帰なるか? セリエA 2012-13 インテル vs ユヴェントス プレビュー

日本人選手情報】長友佑都、メンバー入り ユヴェントス戦で復帰なるか?
セリエA 2012-13 インテル vs ユヴェントス プレビュー


ガゼッタ・デッロ・スポルトによる両チームの先発予想はこちら。

gazzetta_snapshot_20130329_1.jpg

ちょっとだけ、続きを読む、に。


カナ表記にしたフォーメーション&マッチアップはこちら。

Inter_vs_Juventus_pre.png

インテル(4-3-1-2):
ハンダノヴィッチ;サネッティ、ラノッキア、キヴ、ペレイラ;ガルガーノ、コヴァチッチ、カンビアッソ;リッキー・アルヴァレス;パラシオ、カッサーノ

ユヴェントス(3-5-2):
ブッフォン;バルザーリ、マローネ、キエッリーニ;リヒトシュタイナー、ヴィダル、ピルロ、ポグバ、アサモア;ジョヴィンコ、マトリ


インテルは、14勝9敗5分け勝点47で暫定6位。前節のサンプドリア戦が大雨洪水警報により延期になったため、1試合消化が遅れています。勝点では、同じく47のローマ、ラツィオと並んでおり、4位のフィオレンティーナが勝点51なので、サンプドリア戦に勝ったとしても5位という状況。最近の5試合では、2勝2敗1分け。さらにここ10試合では、3勝4敗3分けとかなり苦しんでいます。サンプドリア戦が流れたため、セリエAでの直近の試合は3月10日に行われたボローニャ戦ということになりますが、その試合にはジラルディーノのゴールで0-1と敗戦。ヨーロッパリーグでも、トッテナム相手に粘ったものの敗退決定。最近は、ストラマッチョーニ監督の後任人事などがメディアを賑わしています

トップ下として先発を期待されていた、フレディ・グアリンが、コロンビア代表として遠征したヴェネズエラからの帰国便に搭乗せず、予定通りにミラノに復帰しなかったというニュースが入ってきています。理由については、何も分かっていないようですが、試合まで中1日という状況ですので、先発するかどうか微妙な情勢に。また、理由次第では、インテルからの懲罰も考えられますので、今後の動向に注目。よって、先発にはリッキー・アルヴァレスが予想されています。

相変わらずケガ人が多く、長友佑都もその一人。ケガをした当初から、このユヴェントス戦での復帰を目指しているという話が出てきており、実際に復帰の可能性もある模様。3月28日付のガゼッタ・デッロ・スポルトを読んでみたところ、状況次第では、先発での復帰もありうるとのことでした。難しい状況だとは思いますが、出来ることならやっぱり観たいですねえ。さらに29日付のガゼッタでは、長友がチーム練習に参加したというニュースが報じられており、ベンチ入りするという予想になっています。ウルグアイ代表として、パラグアイ、チリとのワールドカップ予選を戦ったペレイラも、26日にチリ戦を終えてからの移動ですので、おそらく試合までにトレーニングに参加できるのは多くても2日ということで、長友に出番が回ってくる可能性は十分にありそうです。

何しろ、インテルはケガ人が多いので、メンバーの融通はあまりききません。しかも、フアンが出場停止。なので、基本的には今考えられるベストメンバーを全ての試合にぶつけていく感じになっています。ミッドウィークの4月3日には延期になったサンプドリア戦が行われる予定となっており、日程的にもツラい状況ですが…。

ユヴェントスは、20勝4敗5分け勝点65で首位。2位ナポリとの勝点差は『9』。残り試合数を考えると、かなり優勝に近づいているといえると思います。ここ5試合では、3勝1敗1分け。ローマに負け、ナポリに引き分けながらも、それ以外のチームにはしっかり勝つあたりがユヴェントスらしい。ヴチニッチ、ジョヴィンコ、クアリアレッラがそれぞれ7得点ずつ、マトリも6得点と、絶対的なエースひとりに頼るようなスタイルじゃないのも何だかユヴェントスらしい。中盤の選手たちもヴィダル、ポグバ、マルキジオ、ピルロがそれぞれ5点ずつをとっています。ピルロはPKがメインだと思いますが。コンテがこんなにしっかりしたチームを作るなんて、すごい時代になったなあ…。

ユヴェントスは、4月2日にチャンピオンズリーグのバイエルン・ミュンヘン戦を控えています。とはいえ、インテルとの試合ですし、それなりのメンバーをぶつけてくるものと思われます。ただ、キエッリーニはコンディションにやや不安があるようで、大事をとって休ませる可能性がある模様。その場合にはボヌッチが先発か。また、フォワードについては、ジョヴィンコを軸に、相方をクアリアレッラとヴチニッチのどちらにするか、という感じなのですが、その二人を両方良いコンディションのままバイエルン戦に臨ませたいからなのか、マトリが先発という予想。上述の通り、そのマトリも6点とっているのが今シーズンのユヴェントスの恐ろしいところです。

シーズン折り返し前、ユヴェントスのホームでのインテル戦では、長友が大活躍しました。チーム状態が良くない中でのこのユヴェントス戦、インテルにとって、なにかのきっかけになればいいな、と思います。苦しい試合になるとは思いますが…。

最後に、インテルのこの試合の登録メンバーを。

インテル:
GK:ハンダノヴィッチ、べレッツ、カリーソ
DF:シルヴェストレ、ラノッキア、サムエル、キヴ、パサ、ペレイラ、ヨナタン、長友佑都
MF:サネッティ、スタンコヴィッチ、スケロット、コヴァチッチ、リッキー・アルヴァレス、グアリン、クズマノヴィッチ、カンビアッソ、ガルガーノ、ベナッシ
FW:パラシオ、ロッキ、カッサーノ


長友佑都、メンバー入り。出場機会があるかどうかは分かりませんが、どういう形で復帰するのか、楽しみにしたいと思います。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/861-61d20687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)