FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

セリエA 2012-13 ユヴェントス vs ACミラン ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

セリエA 2012-13 ユヴェントス vs ACミラン ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20130422_3.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。


両チームの評点

ユヴェントス
コンテ監督:6.5

ブッフォン:6
バルザーリ:6
ボヌッチ:6
キエッリーニ:6.5
リヒトシュタイナー:6
ヴィダル:7 Best of the Team
ピルロ:6
ポグバ:6.5
アサモア:6
マルキジオ:6.5
ヴチニッチ:5
パドイン:評点なし
クアリアレッラ:評点なし
ペルーゾ:評点なし


【ACミラン
アッレグリ監督:5.5

アッビアーティ:6
アバーテ:5.5
サパタ:6
メクセス:6.5
コンスタン:5.5
モントリーヴォ:6
アンブロジーニ:6.5
ボアテング:6.5 Best of the Team
ロビーニョ:5
パッツィーニ:5.5
エル・シャーラウィ:6.5
アメリア:5.5
ムンタリ:5.5
ボージャン:5.5



一部の選手評の訳

ユヴェントス
ヴィダル:7 Best of the Team
8ゴール目をあげ、彼にとっての記録を作った。昨年は7で止まってしまった。チリ代表でもあるヴィダルは、中盤で最も冷静かつ最も情熱的な存在で、そのプレーは縦方向の膨大な動きをすることができるだけのフィジカルコンディションに支えられている。当たりはするが、ファールをしない。繰り返しになるが、トッププレーヤーを相手にして、それを止めるのは簡単ではない。


【ACミラン
ボアテング:6.5 Best of the Team
攻撃に何度か絡み、その後は彼が好む役割(中盤)で、あまり良くはなかったピルロに対して、優位な戦いをし、ミランのハイプレスを支え、動きを作り出す。最終的な場面ではあまり効果的ではなかった。はっきり言おう、他のミランの選手達同様、特別なことはなかった。

ロビーニョ:5
こんなジョークがあった。審判のバンチの方がロビーニョよりもボールに触っていたんじゃないか…。対面のキエッリーニに対して、何もしなかった。彼のプレーは不正確で、試合に全く入れなかった。こう聞く人もいるだろう。彼はどこにいるんだ? アッレグリもそうだった。そのわずか後に交代させられた。


やはり、昨日のロビーニョ先発に関しては、色々と考えるところが。この後の試合で使うのも難しいかな、と思うくらい昨日のロビーニョはダメでした。ここからの試合、基本的には全勝のつもりで戦わなければならず、手始めに次節のカターニア戦、当然勝ちにいかねばなりません。どんなメンバーで臨むのか、注目です。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/931-e7c7e375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)