FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

【日本人選手情報】吉田麻也、CBとして先発? プレミアリーグ 2012-13 サウサンプトン vs ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン プレビュー

日本人選手情報】吉田麻也、CBとして先発?
プレミアリーグ 2012-13 サウサンプトン vs ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン プレビュー


両チームの先発予想、フォーメーション&マッチアップはこちら。

Southampton_vs_WestBrom_pre.png

内容は、続きを読む、で。


サウサンプトン(4-2-3-1):
ボルツ;クライン、吉田麻也、ホーイフェルト、ショー;コーク、シュナイデラン;ロドリゲス、S・デイヴィス、ララナ;ランバート

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(4-2-3-1):
フォスター;ジョーンズ、マコーリー、オルソン、ポポフ;ブラント、ジャコブ;フォルチュネ、モリソン、ドランス;ルカク


サウサンプトンは、9勝13敗12分け勝点39で12位。6試合負けなし、その間の成績は3勝3分け。本当に失点が減りました。前節の予想記事にも書きましたが、シーズン前半19試合での失点が37だったのに対して、折り返し後の15試合では17失点。平均失点でもおよそ半分になっています。前節のスウォンジ戦では、ホーイフェルトのゴール前でのポジショニングが本当に良かったので、安心して観ていられました。ただ、ここ2試合ので、やや得点力を欠き、ドローが続いています。今節こそは攻撃陣に期待しましょう。前節は無得点でしたが、S・デイヴィスの起用にはポチェッティーノ監督がこだわっているような感じなので、ほぼ同じメンバーを送り込んでくるものと思われます。変更があるとすれば、ガストン・ラミレスを先発させてくるくらいでしょうか

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンは、13勝14敗6分け勝点45で8位サウサンプトンとは逆にシーズン前半が好調で、折り返し後は成績不振。シーズン前半の19試合では、10勝6敗3分けという結果を残していたものの、折り返し後の14試合は、3勝8敗3分けとあまり勝点を伸ばせず。1試合あたりの平均失点では、それぞれの時期でさほどの差はなく、どちらかというと、得点力がやや不足してきている感じ。チェルシーからのレンタルでプレーしているルカクがここまで、13ゴールと十分な結果を残しているものの、その他の得点源があまりないのが一因か。

前回のサウサンプトンとの対戦時に、2ゴールをあげ、チームを勝利に導いたナイジェリア人アタッカーのオデムウィンギーが故障でしばらく欠場しており、この試合で復帰するとみられるものの、おそらくベンチスタート。また、中盤の底に入るはずのムルンブが出場停止、攻撃的MFでハンガリー代表のゾルタン・ゲラが故障により欠場濃厚。やや戦力ダウン?

現状の両チームの状態を考えると、サウサンプトンの方がやや有利かと思います。まずはディフェンスをしっかりして、久しぶりの勝利を手にしたいところです。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/944-5994e258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)