FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

ハンダノヴィッチがバルセロナへ? マルケッティがミランorインテルへ?

ハンダノヴィッチがバルセロナへ? マルケッティがミランorインテルへ?

http://www.football-italia.net/33545/goalkeeping-merry-go-round

バルセロナが、サミル・ハンダノヴィッチの獲得に乗り出したことで、フェデリコ・マルケッティ、ミカエル・アガッツィ、ACミランインテルラツィオ、フィオレンティーナ、カリアリを巻き込んでのゴールキーパーに関するめまぐるしい動きが起きている。

今週、インテルのゴールキーパーであるハンダノヴィッチをカンプ・ノウに招くべく移籍金3000万ユーロでオファーした、と報じられた。

ガゼッタ・デッロ・スポルトによると、このことにより、セリエAをめぐる一連の交渉や移籍に関する動きが加速しそうだという。

ミランは、クリスティアン・アッビアーティの後継者を探しており、ラツィオのゴールキーパーであるマルケッティに目をつけているが、彼はハンダノヴィッチが移籍した場合におけるインテルの最優先ターゲットでもある。

ラツィオは、マルケッティを失うことになった場合、カリアリのゴールキーパーであるアガッツィにオファーする準備をしているが、彼もまた引く手あまたな存在であり、フィオレンティーナが彼に関心を持っている。

フィオレンティーナは、現在パレルモからのレンタルでプレーしているエミリアーノ・ヴィヴィアーノについて、パレルモがその移籍金を下げない場合、新たなゴールキーパーの獲得を考慮することになりそうだ。


ミランに関しては、とりあえず、アッビアーティの契約を1年延長して、その後はガブリエルやナルドゥッツォが一人前になるのを期待する感じでいいと思っているのですが、問題はハンダノヴィッチの方です。

インテルとしては、今シーズン、間違いなくMVP的な存在であるハンダノヴィッチを失うことになると、その穴を埋めるのは極めて難しそう。それでも3000万ユーロという金額に関しては、ちょっと抵抗できない部分があり、クラブとしては放出という判断もやむを得ないかもしれませんインテルがハンダノヴィッチを獲得した際の移籍金が推定1000万ユーロということなので、実に3倍の額ですから。しかし、そうなると、本当に厳しくなりますねえ。マルケッティは良いGKですが、ハンダノヴィッチと比べると…。ただ、バルセロナは今のところ、この移籍に関して積極的に否定も肯定もしない感じのコメントを発表しているようです。今後の動向に注目
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/945-62fa562b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)