FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

【海外の反応】吉田麻也、CBとして先発フル出場 海外メディアによる選手評の訳も プレミアリーグ 2012-13 サウサンプトン vs ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン レビュー

海外の反応吉田麻也、CBとして先発フル出場 海外メディアによる選手評の訳も
プレミアリーグ 2012-13 サウサンプトン vs ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン レビュー


両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこちら。

Southampton_vs_WestBrom_re.png

試合内容、海外メディアによる選手評の抄訳は、続きを読む、で。


サウサンプトン(4-2-3-1):
ボルツ;クライン、吉田麻也、ホーイフェルト、フォックス;コーク、シュナイデラン;ロドリゲス、S・デイヴィス、ララナ;ランバート

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(4-2-3-1):
フォスター;リード、マコーリー、オルソン、リッジウェル;ジャコブ、ドランス;ルカク、モリソン、フォルチュネ;ロング


サウサンプトンは左サイドバックがショーではなくフォックス。ショーはまだコンディションが整わないようです。ウェストブロムは、ルカクとシェーン・ロングのツートップ。ちょっと予想外。ルカクが少し下がり目になるかなとは思いますが。

6分、自陣からのロングパスで一気にルカクが抜けだしてGKと1対1に。ボルツが何とかセーブ。直後のコーナーキック、ウェストブロムの選手がヘッドで合わせたボールが中途半端に浮き、ゴール目前へ、フォルチュネとボルツ、クラインが交錯するような形になり、フォルチュネがこぼれたところを押しこむ。フォックスがゴールの中でクリアしたものの、ラインを割っていたという判定でウェストブロム先制
10分、サウサンプトンの攻撃、ウェストブロムゴール前でのパス回しから、ペナルティエリア内右にロドリゲスが抜け出すが角度がなく、中央に折り返すもクリアされる。こぼれ球をシュナイデランがシュートするがディフェンスがブロック。
ウェストブロムはツートップではなく、ロングがトップにいて、ルカクは右から中央に動き出す感じ。4-2-3-1ではある模様。
17分、左サイドのロドリゲスから右のララナへのサイドチェンジ、ボールを受けたララナがペナルティエリア右に
19分、ウェストブロムが左から少しずつズラしていって、右に抜け出したルカクの前がガラ空きに、ルカクが左足で左のサイドネットを狙うようなシュートをするが、ボルツがスーパーセーブ。ベタな狙いのシュートだったとはいえ、素晴らしい反応でした。
32分、左からのクロスが逆サイドまで抜け、走りこんできたクラインがシュート、フォスターがセーブ。
41分頃、サウサンプトンが何度かクロスをあげるも、結局シュートには至らず、そこからのカウンターでウェストブロムにミドルシュートを打たれる。サウサンプトンの攻撃陣が少し考えすぎている感じがします。
45+1分、ロングからのパスでルカクが好機、右足で放ったシュートはボルツがセーブ。
前半終了。1-0でウェストブロムがリードサウサンプトンとしては、もう少し攻撃の迫力をみせないとツラいところ。ラミレス投入のタイミングが重要になりそう。

後半開始。サウサンプトンは、コークに代えてガストン・ラミレス。どれだけS・デイヴィスが好きなんだ、ポチェッティーノ監督は。
51分、中盤でボールを受けたラミレスがドリブルからミドル。大きく枠を外すがアイデアとしては悪くない。
56分、右サイドのスペースにクラインがパス、そこで受けたS・デイヴィスからペナルティエリア内右に飛び込んだクラインへ、このパスを受けたクラインが角度のないところから強引にシュート、ポストに直撃。惜しいなあ…。
67分ウェストブロムが追加点。自陣から縦に入ったパスをフォルチュネがハーフウェイライン付近でキープ、その間にスルスルとサウサンプトンの最終ライン付近に飛び出してきたルカクにスルーパス、ルカクが抜け出し、最後はボルツも冷静にかわしてゴール
69分、サウサンプトンの交代、ララナに代えてマユカ。
70分、ドリブルで中央を駆け上がっていたガストン・ラミレスが後ろから止めに入ったロングに対して、顔面にエルボー、一発レッドで退場。その際にフォルチュネに対してもレッドカード。
75分、カウンターから右サイドにルカクが抜け出し、マイナスのパス、ロングが合わせにいくがサウサンプトンが何とかクリア。苦しいですね。
78分、ハーフウェイライン付近で、麻也と競り合いながらルカクがボールを受けて、反転、ドリブルからロングへのスルーパス、ロングが1対1を冷静に決めてウェストブロム3点目
79分、ウェストブロムの交代、モリソンに代えてジョーンズ。
82分、フォックスがルーズボールを拾いにいったリードに対して、両足を揃えてタックル、一発レッド。サウサンプトンは9人に。これはダメだ。サウサンプトンのシステムは3-3-2というメチャクチャな状態。
85分、ウェストブロムの交代、ルカクに代えてトーマス。
86分、サウサンプトンの交代、ランバートに代えてフォンテ。この場面で失点気にしますかね。
89分、ウェストブロムの交代、ロングに代えてローゼンベリ。

試合終了。3-0でウェストブロムが完勝。サウサンプトンにとっては、久しぶりの負け、しかも完敗でした。攻撃が驚くほど機能しなかった印象が強いです。守備も、確かに3失点はしましたが

ちなみに、今日の試合を裁いたロバート・マッドレーは、プレミアリーグでの主審デビューだったそうです。

Goal.com U.K.版による吉田麻也の選手評の訳。
http://www.goal.com/en-gb/match/81186/southampton-vs-west-bromwich-albion/player-ratings

吉田麻也:2.5(5点満点)
良いインターセプトも何本かあったが、ヘディングでの判断ミスも何度かあった。ルカクが3点目のチャンスを作ったシーンでは、ポジションを外し、ルカクが得点を決めた場面では、しっかりとマークしきれなかった。


SkySportsによる吉田麻也の選手評の訳。
http://www1.skysports.com/football/live/match/261908/ratings

吉田麻也:5(10点満点)
ほとんど抵抗できなかった


サウサンプトンは残り3試合、トッテナム(アウェー)、サンダーランド(アウェー)、ストーク(ホーム)となっています。結果はともかく、攻撃陣の元気な姿をみたいです。最近、あまり良くないので。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

対策されだしたからこうなることはわかってた
DFはOFよりも遅いからね研究対象に挙げられるの
香川以外の日本人ってみんな上から下に評価も能力も下落する
香川は真逆で対策されてからのが強い
最初だけって言われるのは妥当

  • 2013/04/28(日) 03:37:19 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

フィジカルとパワーも兼ね備えてる相手が対策してきたらそりゃきついだろうなぁ
海外の反応とか見るにCB次節は変えろとか言ってる人いるみたいだけど、どうせ変えてもまた吉田達に変えろって言うんだろww

来季に向けて補強するにしたって、下位~中位なサウザンプトンに来るCBなんて限定されるっしょ。いくらプレミアっていったって他にもクラブあるんだし、そんなに良い補強選手いるならとっくに取ってる。

  • 2013/04/28(日) 05:14:08 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/946-67340805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)