FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

セリエA 2012-13 パレルモ vs インテル ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

セリエA 2012-13 パレルモ vs インテル ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20130429_3.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。


両チームの評点

パレルモ
サンニーノ監督:6

ソレンティーノ:6
フォン・ベルゲン:6
ドナーティ:5.5
アロニカ:6
モルガネッラ:6
バレート:6
リオス:6.5
クルティッチ:6
ガルシア:6.5
イリチッチ:7 Best of the Team
ミッコリ:6.5
エルナンデス:6
ネルソン:評点なし
ムニョス:評点なし


インテル
ストラマッチョーニ監督:5.5

ハンダノヴィッチ:6.5 Best of the Team
ラノッキア:6.5
シルヴェストレ:4
フアン:5.5
ヨナタン:6
サネッティ:評点なし
コヴァチッチ:6
クズマノヴィッチ:6
ペレイラ:5.5
ロッキ:5.5
アルヴァレス:5.5
スケロット:5
ガッリターノ:6
フォルテ:評点なし



一部の選手評の訳

パレルモ
イリチッチ:7 Best of the Team
救世主がいるとすれば、それはこの男だ。間違いない。5試合連続で5ゴール。危険なエリアでの達人だ。ゴールだけではなく、その他のアイデアも。ちょっとエゴは強いが…。

ミッコリ:6.5
身体をはってアシスト。ふくらはぎのケガを抱えながらも、危険な存在だった。何度も存在感をみせる。


インテル
ハンダノヴィッチ:6.5 Best of the Team
ハンダノヴィッチを脅かす。しかし、阻まれる。イリチッチはゴール隅をつき、彼も動けなかった。しかし、その後は少なくとも3回は決定機を阻んだ。

サネッティ:評点なし
パレルモと対面し、その後ケガ。不滅の男に、バルベラが悪運をもたらす。数年前の気胸以来、15分にアキレス腱への深刻な損傷を負って退場。


バルベラ』というのは、パレルモのホームスタジアムである、スタディオ・レンツォ・バルベラのことです。サネッティ自身は引退は考えていないようなので、一安心ですが、いくら丈夫な身体とはいえ、年齢を経るごとに回復は難しくなっていきますので、ちょっと心配。時間はかかるかもしれませんが、完全復活を心より期待しています

インテルとしては、残り4試合、ベナッシガッリターノなどの若手に賭けることになりそうです。彼らのプレーにも注目ですし、大いに期待しています。そのポテンシャルをみせて欲しいです。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/952-5e7a405f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)