FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

コリエレ・デッロ・スポルト紙、ACミランのアッレグリ監督が今季限りで退任すると報じる

コリエレ・デッロ・スポルト紙、ACミランアッレグリ監督が今季限りで退任すると報じる

http://www.football-italia.net/33660/milan-will-axe-roma-bound-allegri

ACミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ会長がマッシミリアーノ・アッレグリ監督を交代させることを決めたと、コリエレ・デッロ・スポルトが報じている。

アッレグリミランでの契約は2014年6月までだが、その報道によれば、ミランがチャンピオンズリーグ出場を達成したとしても、シーズン終了時にチームを離れるとされている。

4-2で勝利したカターニア戦でファンがみせたアッレグリに対する支持も、ミランのオーナーであるベルルスコーニに対して、監督交代への意欲を掻き立てるにすぎなかったと、コリエーレは報じている。

ベルルスコーニが新しい監督を就任させたいと考えていることから、かつてカリアリで指揮をとっていたアッレグリに対して、ローマが1シーズン250万ユーロでの3年契約をオファーすることになりそうだ。

ミランでのアッレグリの代役候補としては、元ミランの選手である、クラレンス・セードルフ、ピッポ・インザーギ、マルク・ファン・ボメル、アレッサンドロ・コスタクルタの名前が挙がっている。

ゼニト・サンクトペテルブルクのルチアーノ・スパレッティ監督も視野に入っているとされるが、彼のシーズン600万ユーロという契約が障害となりそうだ。

アッレグリは、ミランでの最初のシーズンにスクデットを獲得し、翌年は2位でシーズンを終えている。現在は残り4試合で3位につけている。


ローマにとって良い話で、コリエレ・デッロ・スポルトでの報道なので、信ぴょう性については微妙なところもあります。個人的には、アッレグリ監督が退任するということよりも、後任として挙がっている名前の方にリアリティがあまりないな、と思います。ピッポ以外はほぼ指導者としての経験がないし、ピッポにしてもまだ1年目。コスタクルタは、ちょっとだけセリエBで監督してたけど、結局解任されてるわけで。セードルフの名前が挙がってるのは特に不思議。まだ現役だし、監督経験はゼロだし。ベルルスコーニが監督を代えたがっているという話に関しては、まあ納得できなくもありませんが、現状だとガッリアーニ副会長が止めてくれそうな気がするんですよねえ。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/958-5c10f775
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)