FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

プレミアリーグ 2012-13 チェルシー vs トッテナム・ホットスパー 試合結果など

プレミアリーグ 2012-13 チェルシー vs トッテナム・ホットスパー 試合結果など

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこちら。

Chelsea_vs_Tottenham_re.png

試合結果などは、続きを読む、で。


チェルシー(4-2-3-1):
チェフ;アスピリクエタ、ケーヒル、イヴァノヴィッチ、A・コール;ラミレス、ダヴィド・ルイス;オスカル(84' ベナユン)、マタ、アザール(73' モーゼス);トーレス

トッテナム・ホットスパー(4-2-3-1):
ロリス;ウォーカー、ドーソン、フェルトンゲン、アスエコト;パーカー、ハドルストン;レノン(62' シグルドソン)、ベイル、ホルトビー(70' デンプシー);アデバヨール

結果:チェルシー 2 - 2 トッテナム

得点者:
チェルシー11' オスカル 39' ラミレス
トッテナム26' アデバヨール 80' シグルドソン


チェルシーは、デンバ・バではなく、トーレスが先発トッテナムは中盤のデンベレがケガのため欠場。ちょっと痛い。代役はパーカー。

7分、ペナルティエリアギリギリ、中央でボールを受けたマタがターンから左足でシュート、枠の上へ。
11分、マタの右からのコーナーキック、中央のケーヒルがヘッドでコースを変え、ファーに飛び込んだオスカルが同じくヘッドで押し込んでチェルシー先制
16分、チェルシーの早いセットプレー、右サイドにつないで、アスピリクエタが中央へ折り返し、マタが右足で狙うが枠の上へ。
25分、左からしかけていったアザールが中央に動きながら強烈なミドル、ドーソンが身体をはってクリア。
26分トッテナムのカウンター、自陣でボールを拾ったアデバヨールがそのままドリブルで上がっていく、人数が少ないチェルシーの選手たちはなかなかチャレンジにいけず、そのままゴール前やや左寄りペナルティエリア近くまで、そこでアデバヨールが右上隅を狙って鮮やかなコントロールショット、これがゴールに吸い込まれ、トッテナム同点
35分、右に回っていたベイルがゴール前でボールを受け、ひとりかわして、シュートを放つが、戻ってきたA・コールがタックルでブロック。
38分、右のタッチライン際でパスを受けたトーレスがひとりかわしてゴールに迫りながら、ゴール前へ絶妙のスルーパス、飛び出したラミレスがこのパスを右足で鮮やかにゴール、チェルシー2-1と勝ち越し! キレイなゴール。
43分、ウォーカーがインサイドにドリブルで切れ込みながら中央のアデバヨールへ、アデバヨールがダイレクトで落としたボールを再びウォーカー、左足のシュートはわずかに枠の右へ。
45分、トッテナムゴール前でのパス回しから、最後はオスカルが左足でペナルティエリア外から狙うもロリスがガッチリキャッチ。
前半終了。2-1でチェルシーがリード。トッテナムとしては、デフォーの使い方が重要になる?

後半開始。両チーム交代なし。
51分、右サイドからダヴィド・ルイスがグラウンダーで中央へ、トーレスが右足で合わせるもやや力なくロリスがキャッチ。
56分、中央のダヴィド・ルイスから左に飛び出してきたアザールへのスルーパス、ペナルティエリア内深くに侵入したアザールは切り返して右足でファーポストを狙うが枠を大きく外す。
61分、チェルシーがカウンターから決定機、センターサークル付近に浮いたボールをアザールがジャンプしながらの右足のアウトサイドで前方の広大なスペースへ、そのパスに抜け出したマタがペナルティエリア付近までドリブル、そこで左に上がってきたラミレスへ、ラミレスがどフリーでシュート、と思った瞬間、なぜかラミレスがスリップしてコケる。
75分、ゴール前中央でパスを受けたデンプシーがやや右に流れてシュート、イヴァノヴィッチがスライディングでブロック。チェルシーのディフェンス集中してるなあ。
80分アスエコトから縦に入ったパスをアデバヨールがゴールライン方向に動きながら、ダイレクトのヒールを使い、その動きで自ら作ったペナルティエリア内左のわずかなスペースへ落とす、そこに走りこんできたシグルドソンがワントラップから右足を振りぬいてゴール!! トッテナム同点! 面白いです、この試合。
90+3分、ゴール前やや右からのフリーキック、ベイルのシュートはチェフがガッチリキャッチ。

試合終了。2-2のドロー。いや~、面白い試合でした。これで、3位チェルシーが勝点69、4位アーセナルが勝点67、5位トッテナムが勝点66と微妙な状態に。この試合で消化試合数は全てのチームが36で並んだので、残り2試合。色々と面白くなりそうです。


Goal.com U.K.版による何人かの選手評の訳。
http://www.goal.com/en-gb/match/81161/chelsea-fc-vs-tottenham/player-ratings

【チェルシー】
ラミレス:4(5点満点) Man of the Match
ピッチ上のあらゆる場所をカバーし、今シーズンも彼のエネルギーのレベルが素晴らしいものであることをみせつけた。ハーフタイムに入る直前に素晴らしくコントロールされたフィニッシュで、今シーズン9ゴール目を決めた。後半不運な転倒もあったが、そこから良く立ち直った。

オスカル:3.5
ケーヒルのヘディングをファーポストでゴールに押しこみ、プレミアリーグでの今シーズン4点目を決めて、チェルシーをリードに導いた。試合を通じてスパーズディフェンスにとって迷惑な存在であることを示し続け、1ゴールを決めただけの内容とは思えなかった。84分に退く。

【トッテナム】
ドーソン:2 Flop of the Match
ヘディングでは重要な場面で競り勝つこともあったが、オスカルの先制ゴールのシーンでは、そのアシストとなったケーヒルのヘッドという致命的な場面でミスしてしまった。ラミレスのあげた2点目の場面でもスピードに太刀打ち出来なかった。彼のベストとは程遠かった。

アデバヨール:3.5
良いパスを出し、良い動きをしていた。特にシグルドソンにアシストした場面では、素晴らしいヒールキックをみせた。だが、ひとりでハーフウェイラインからペナルティエリア付近まで持って上がり、チェフを抜く、右上隅へのシュートを決める、今シーズンのベストゴールのひとつと言ってもいいシーンが今夜の彼のベストだった。




SkySportsによる何人かの選手評の訳。
http://www1.skysports.com/football/live/match/285743/ratings

【チェルシー】
ラミレス:8(10点満点)
エネルギッシュだった

マタ:8
この試合も印象的なプレー

オスカル:8
先制ゴール


【トッテナム】
アデバヨール:8
1ゴール1アシスト

シグルドソン:7
重要な同点ゴール


チャンピオンズリーグ圏内争いだけでなく、残留争いもあります。あと2試合、楽しみに観たいです。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/986-cdf08106
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)