FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

【日本人選手情報】香川真司、久しぶりの出場なるか? プレミアリーグ 2012-13 マンチェスター・ユナイテッド vs スウォンジ・シティ プレビュー

日本人選手情報】香川真司、久しぶりの出場なるか?
プレミアリーグ 2012-13 マンチェスター・ユナイテッド vs スウォンジ・シティ プレビュー


両チームの先発予想、フォーメーション&マッチアップはこちら。

Manchester_United_vs_Swansea_pre.png

内容は、続きを読む、で。


マンチェスター・ユナイテッド(4-2-3-1):
デ・ヘア;スモーリング、ファーディナンド、ヴィディッチ、エヴラ;キャリック、スコールズ;ヴァレンシア、香川真司、ナニ;ファン・ペルシ

スウォンジ・シティ(4-2-3-1):
フォルム;ティンダリ、モンク、ウィリアムズ、B・デイヴィス;ブリットン、デ・グズマン;ダイアー、ルートリッジ、エルナンデス;シュクター


マンチェスター・ユナイテッドは、27勝5敗4分けで首位、すでに優勝も決定。前節は、ホームでのチェルシー戦に0-1で敗れてしまいました。ホームで無得点だったのは、2009年以来だそうで、さすがに連敗は許されない状況。

そんなユナイテッドにとって、最大のニュースは、やはりサー・アレックス・ファーガソン監督の退任。ファーガソンの退任が噂されるのは、毎年の恒例行事のようなものなので、正直あまり本気にはしていなかったんですが、突然正式にファーガソンの退任が発表され、本当にビックリしました。26シーズンで、プレミアリーグ13回、FAカップ5回、リーグカップ4回、チャンピオンズリーグ2回、トヨタカップ1回、クラブワールドカップ1回など驚異的な実績。1986年の監督就任時には、マンチェスター・ユナイテッドが低迷していたことを考えると、本当にすごい成績だと思います。ユナイテッドが、クラブとしてファーガソン監督を辞めさせるのは実質的にはほぼ不可能なので、彼自身がこういう形で自ら決断をするしかなかったのでしょうが、それにしてもビックリです。

後任は、現エヴァートン監督のデイヴィッド・モイーズに決定。2002年、エヴァートン監督に就任。ファーガソン監督と同じくスコットランド出身で、現在50歳。フィジカルなサッカーをするという印象が強いですが、これまでは予算的に余裕のあまりないクラブを率いてきていたので、現実的な路線としてそうせざるを得なかったところもあると思います。エヴァートンは比較的お金を使えるクラブだとは思いますが、それでも現有戦力を活かしていかなければ戦えないのは間違いないので。マンチェスター・ユナイテッドのようなビッグクラブを率いるのははじめてなので、自分のイメージする選手をある程度獲得できる環境の中でどういう戦い方をするのかについては、まだまだ未知数なところの方が大きいのではないでしょうか。ファーガソンというのは、簡単に越えられる壁ではないので、苦労すると思いますが、まずはどんな戦い方をするのか、しっかりみて行きたいです。

香川真司は、優勝を決めたアストン・ヴィラ戦以来、出場機会なし。前節のチェルシー戦では出るだろうと思ってたんですけどねえ…。さすがにこのスウォンジ戦は、出場するんじゃないか、と。いくつかメディアをみても、大体先発の予想になっています。ただ、この2試合を観ているとこれまで出場機会のなかった選手にプレーさせている印象も少しあるので、どうなるかさっぱり分かりません。本当にファーガソン監督の考えは読めません…。


スウォンジ・シティは、11勝12敗13分け勝点46で9位。前節は、ウィガン・アスレティックに対して、2度先行されながらも、3-2で競り勝っています。すでに残留は決まっていますし、キャピタル・ワン・カップ優勝により、来シーズンのヨーロッパリーグ出場も決まっています。なので、ケガ人に無理をさせるような状況ではありません。

よって、ハムストリングを痛めている、チーム内のトップスコアラーのミチュは、欠場の可能性大。前述のウィガン戦でミチュに代わってプレーしたイスラエル代表のイタイ・シュクターが好プレーをみせたため、彼がそのままトップに入ると思われます。ただ、正直ミチュほどの怖さはないかな、という気がします。何しろ、ミチュが17ゴールをあげていますので、チームの得点力の3分の1以上を失うことになります。そんな状況でユナイテッドを相手にどういう戦い方をするのか、ちょっと楽しみです。ミカエル・ラウドルップ監督の攻撃的な姿勢は基本的に変わらないと思うので、両チーム打ち合いになると面白いかもしれません。

ファーガソン監督が指揮をとるのは、残りわずか2試合ホームゲームは、このスウォンジ・シティ戦がラストです。おそらく退任記念の試合は別に行われるでしょうが、公式戦としてはこれが本当に最後になるわけですね…。何だかそう考えると感慨深いです。この試合では、セレモニーなどは行わないようですが、オールド・トラフォードがどういう雰囲気になるのか、その中で香川はプレーするのか、楽しみに観たいと思います。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

おそらくスコールズとギグスは出るでしょうね…
香川に先発してもらいたいけどどうかなぁ
スッキリ勝ってファギーのホーム最後の試合に花をそえて欲しいですね

  • 2013/05/12(日) 18:09:52 |
  • URL |
  • ピー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/996-43b59429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)